女性に多い病気を改善する【レディーホスピタルネット】

 

乳がんの治療

女性特有のがんである乳がんですが、発見した後は治療に取り組む必要があります。手術方法は様々ありますので、医師と相談しながら自分に合う治療方法を行いましょう。最も代表的な手術方法が、手術です。乳がんの手術では、乳房にできたがんと、がん組織の周囲にある正常な組織を同時に切除します。ステージⅠ~Ⅲの場合は手術が必須となります。手術と言っても様々な種類があります。女性にとって、乳房を失うということは精神的に大きなダメージとなります。そのため、乳房を温存する手術なども行われています。近年は、乳がん手術の4割が温存手術と言われています。乳がんが大きく、乳房切除の手術を行う事になっても、乳房再建手術を受けることもできます。失った乳房を再建して、女性としての自信を取り戻すことが出来ます。

乳がん手術の後に行われる治療が、放射線療法です。放射線を照射することで、がん細胞を死滅させるという治療方法になります。放射線を当てた部分のがん細胞だけを死滅させられる、局所的な治療方法です。手術後に放射線療法を行い、乳がん再発を防止し、転移を防ぐ事が出来ます。正常な組織にも放射線が照射される場合もあるので、副作用の可能性もあります。その他の治療方法として、薬物療法が挙げられます。ホルモン療法、化学療法、分子標的療法の3つがあります。それぞれの薬物には違った効果があり、個人によって副作用の症状にも違いが生じます。予め医師からしっかりと副作用のリスクに関する説明を受けて、納得した上で乳がん治療を行いましょう。

Copyright(c) 2015 女性に多い病気を改善する【レディーホスピタルネット】