女性に多い病気を改善する【レディーホスピタルネット】

 

様々な方法

治療は進歩しています

下肢静脈瘤は昔からよくみられる症状ですが、緊急性がないことと命にかかわることがないということで、あまり積極的な治療はされてこなかった歴史があります。現在では、下肢静脈瘤を専門に診るクリニックや、総合病院の循環器科などで治療が行われています。手術やレーザーなど治療方法も種類が多くなっています。 下肢静脈瘤は、ひどい場合には足にぼこぼことした大きなふくらみができてしまいます。その前の段階では、着圧ストッキングなどをはいて、下半身の血流をよくすることで、経過観察のような状態になります。 静脈瘤が大きくなって目立つ場合や、だるさなど苦痛がある場合、静脈瘤ごと血管を引き抜く手術や、レーザーで静脈を焼いて閉塞させる手術が行われます。今後も、治療方法や機械の進歩が見込まれます。

日帰り手術が受けられる

下肢静脈瘤の治療方法は進歩しています。治らない病気と放置せずに病院を受診します。手術が嫌な人や、忙しくて時間がないという人には、日帰りが可能なレーザー手術が行われるようになりました。これは血管にレーザーを照射し、血管を焼いて閉塞させるもので、体に負担がかかりません。 静脈瘤のある部分の静脈ごと引き抜く手術がありますが、最近は特殊な器具が開発され、1から3mmの小さな切り口から器具を挿入して引き抜くことが可能になりました。縫う必要がなく、傷跡も残りません。またこの特殊な器具とレーザーを組み合わせた方法が行われることもあります。 治療方法が選べる時代になったので、医師と相談し、体に負担のかからない方法を選ぶことが可能になりました。

Copyright(c) 2015 女性に多い病気を改善する【レディーホスピタルネット】