女性に多い病気を改善する【レディーホスピタルネット】

 

乳がんとは

日本人の3人に一人はがんにかかると言われています。そのため、日本の国民病とも言われています。がんのなかでも女性特有のものが、乳がんです。女性の乳房にできるがんが乳がんです。乳房には脂肪と乳腺という組織があります。脂肪からがん細胞が発生することはありませんが、乳腺からはがん細胞が発生することがあります。ほかのガン同様、細胞遺伝子の異常が蓄積されることによって発生します。乳がんの発生、症状の進行にホルモンが大きく関わっている点が乳がんの特徴と言われています。日本人女性の乳がん死亡率は非常に高い数字です。胃がん、肺がん、大腸がんに次ぐ第四位の死亡率です。患者数だけでみると胃がんと同じ数とも言われており、羅患する可能性が高い病気です。

乳がん治療に重要な事は、早期発見です。早期に発見することによって、命を落とさずに完治する事が出来ます。乳がんを発見するための検査として代表的なのが、マンモグラフィー検査です。病院や健康診断などで行うことが出来るので、定期的にマンモグラフィー検査を受けるようにしましょう
。また、乳がんの特徴として挙げられるのが、自己検診での発見率が高いということです。乳がん発生の7割が自己検診で発見されています。自己検診の方法な様々あります。乳首とワキのしたにしこりがないかどうかを調べましょう。しこりが合った場合はすぐに病院にいきましょう。乳がんのほとんどが乳首より上にできるので、乳首より上を重点的に検診しましょう。その他にも、乳房にへこみやひきつれが無いかもポイントです。このようなチェックを日常的に行い、少しでもおかしいなと思ったら病院にいきましょう。

Copyright(c) 2015 女性に多い病気を改善する【レディーホスピタルネット】